我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

抗戦/下心

そのひとを たとえ神でも閻魔でも 我から奪う ことは許さじ
鍵を繰る 紅の指尖の妖しさに 見惚れ馳せるは 我の卑しさ

スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/12/10(月) 16:45:32
  2. 短歌・狂歌
  3. 抗戦/下心のトラックバック:0
  4. 抗戦/下心のコメント:0

粛然/凍瘡

喧騒を 絶たれて不意に思い出す 打ちっぱなしの 熱と底冷え
はく息の 凍る白さは慣れたれど その紅き手を 思う苦しさ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/12/09(日) 19:48:27
  2. 短歌・狂歌
  3. 粛然/凍瘡のトラックバック:0
  4. 粛然/凍瘡のコメント:0

欝音/雨子

伝えれば 伝える程に にじられる それでもつのる 想い儚き
忘れろと そう想うほど狂わしく この痛みこそ 我の原罪

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/12/06(木) 00:19:22
  2. 短歌・狂歌
  3. 欝音/雨子のトラックバック:0
  4. 欝音/雨子のコメント:0

自戒/羨望

踏み込めず たえず濁して目を逸らす 我の弱さは 卑怯者ゆえ
気丈さと 憂いの彩を重ね持つ だから貴女の 琴は響くか

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/12/05(水) 18:37:44
  2. 短歌・狂歌
  3. 自戒/羨望のトラックバック:0
  4. 自戒/羨望のコメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。