我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

夜話/陰影

魅せられた 言葉の放つ圧力に ただ気圧されて 息を呑むのみ
なす術も なく立ち尽くす不甲斐なさ この虚無こそが 才の相違か

スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/01/24(木) 00:56:29
  2. 短歌・狂歌
  3. 夜話/陰影のトラックバック:0
  4. 夜話/陰影のコメント:0

帳/群

夜に墜ちて 所詮独りと言うなれど 腕を求めて なにが悪いか
仮初めの 温みと言わば かもしれぬ それを甘えと誰が呼べよう

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/01/22(火) 00:47:09
  2. 短歌・狂歌
  3. 帳/群のトラックバック:0
  4. 帳/群のコメント:0

弥生/嫉妬

歳甲斐も なく昂ぶったこの想い ただ待ち遠し 先のふた月
お前から 彼の名が伝うその度に 不尽に疼く 我の醜さ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/01/04(金) 13:50:24
  2. 短歌・狂歌
  3. 弥生/嫉妬のトラックバック:0
  4. 弥生/嫉妬のコメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。