我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

酒肴夜噺・欄外編(SS)

「『桃太郎』ってさ」「……お前はいつも唐突だな」
「うん。でもさアレってもし」「あ?」
「おばーさんが、川に洗濯いかなかったら悲惨なことになるよね」
「じーさんの褌の替えがなくなっちまうからなぁ」「いや。そうでなくて」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #童話

「お前って、氷いれる時はいつも一個だけな」
「『ロック』なんだから氷は一個だろが」「ほぉん」
「複数いれたら『ロックス』になっちまう」「また屁理屈か」
「『こだわり』だ『こだわり』!」「あぁ、はいはい」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #ハードボイルド

「そのZIPPO、なんか表面ボコボコだよね?」
「あぁ、俺がもらった時はもうこうだった」「へぇん」
「ま。引き継いだ『年輪』みたいなもんだ」「って誰の?」
「言ってもわからん。兄貴分、かな」「……うへ。気持ちわりぃ」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #ハードボイルド

「ふ~ん。セフィロスって名前、ちゃんと意味あったんだ」
「あぁ、『神性の流出』とかいうやつな」「いッ!?」
「あ?」「なにお前、ムック本暗記とかしてんの!!?!」
「『7』はバイブルだかんな」「……やっぱ、お前ド阿呆だわ」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #ゲーム

「『肩胛骨』ってさ、なんで背中に並んでるか知ってる?」
「あ? 背骨と肩峰ささえる為だろ?」
「チ、チ、チ。これはね」「……その煽りエライむかつくんだが」
「『天使だった頃』の翼の名残なんだよ」「お巡りさん馬鹿がいます」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #健康

スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/05/15(水) 20:35:57
  2. SS
  3. 酒肴夜噺・欄外編(SS)のトラックバック:0
  4. 酒肴夜噺・欄外編(SS)のコメント:0

酒肴夜噺・欄外編(SS)

「乱歩のさ、『心理試験』って短編すごいよねぇ」
「あぁ。非合法な金を一時拾得物として警察に届ける」
「当然『落とし主』なんていないから、一年待てば自分のもの」
「 案外『竹藪の一億円』とか、そういうカラクリなのかもなぁ 」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #読書感想

「ホントだって! 嘘じゃねーもん!!」
「ゼッテー信じねぇ! お前の口は勢いでしか廻んねーだろが!」
「誓うって! じっちゃんの名に懸けてッッッ!!!!」
「お前のじーさん『山師』じゃねーかッッ!!!」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #現代

「え、なに? カナダに行ってくんの???」
「あぁ。ちっとばかし、妹の様子見たのまれちまってなぁ」
「じゃさ、じゃさ! 『ナイル川』の写真撮ってきてよ『ナイル川』ッ!」
「……いや。アフリカまで足伸ばす予定はないからなぁ」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #旅行

「患者にさ。『肩こりの原因てなんですか?』とか訊かれるじゃん」
「うん」「あれ結構こまるよな」「まぁ漠然としてるからなぁ」
「そういう時、お前んトコなんて答えてる?」
「 『ググれカス』」「なるほど。そいつぁ的確な返答だ」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #健康

「たとえば、ここにスコッチがあるじゃない」「……ん」
「けどこの芳醇さに慣れると、バーボンの焼ける刺激が欲しくなる」
「 だから彼女に『これは浮気じゃない』と言い張るツモリか?」
「いや。ごめんなさい。いま僕は嘘をつきました」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #恋愛

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/05/14(火) 10:29:32
  2. SS
  3. 酒肴夜噺・欄外編(SS)のトラックバック:0
  4. 酒肴夜噺・欄外編(SS)のコメント:0

未来/送辞/朗読/約定

我が雛の巣立ちの朝の晴れ姿 誇らしくあり寂しくもあり
ヨチヨチと辿々しくも踏み出したその一足の先に幸あれ
暗幕が夜陰に揺れるその時は いつも佇む我は窓辺に
野に独り孤廖の筆の原に立ち生くるも死ぬも我はただ我

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/05/12(日) 17:35:00
  2. 短歌・狂歌
  3. 未来/送辞/朗読/約定のトラックバック:0
  4. 未来/送辞/朗読/約定のコメント:0

往路/小憩/夕立/青風/斜光

片蔭に求める朝の足やすめ ふと射す風に薫浄を詠み
さわさわと午下の憩いに音を添える 炎帝の文、碧の天蓋
やぶからに御越す狐の嫁入りの 黒、澄み、斑、躍る廻廊
吹く青のわかき嵐の夕映えと さわぐ新芽にはずむ心よ
木漏れ日のやさしい棘に目をうたれ紫煙の向こう夏の先触れ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/05/11(土) 15:43:34
  2. 短歌・狂歌
  3. 往路/小憩/夕立/青風/斜光のトラックバック:0
  4. 往路/小憩/夕立/青風/斜光のコメント:0

酒肴夜噺(SS)

「乳白剤・膨張剤・香料……」「……なに読んでんだいきなり」
「ん? いや、このチョコの原材料とかさ」「なに?」
「あ~、ほら。なんか最近、身体に善いとか悪いとか流行じゃない?」
「……今度はなんにカブれやがった?」「だって、身体に悪いもんとか危ないじゃん」
「はいはい」「つーか、なんでこんなん喰いモンに入れなきゃならんわけ?」
「お前さ……」「ん?」「そうやって『自分本意』でなんでも測ってんじゃねぇ」
「んがッ!!?!」「……………あんな」「あんだよッ!!!!!!!」

「いいか? 冷蔵庫だの宅急便だの『いつでもどこでもある』ワケじゃねぇんだよ」
「あ、そういやそうかもしらん」「おう」「……ふむ」

「世界にゃ喰えねぇ人もいるし、そういうトコは流通路も不完全だ」
「したら、支援物資とかも『ピューってひとっ走り』ってワケにゃいかないか」
「わかったら安い物差しでもの考えんじゃねぇ」「あい、りょーかいいたしましたッ!!」

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/05/07(火) 19:12:13
  2. SS
  3. 酒肴夜噺(SS)のトラックバック:0
  4. 酒肴夜噺(SS)のコメント:0

酒肴夜噺(SS)

「あのさ」「……ん?」「『ちゅーにびょう』ってあんじゃん、『ちゅーにびょう』」
「あぁ、巷で大流行してるアレな。それがどうかしたか?」
「いや。あれ『中学二年の〝中二病〟』と、『厨房に二って書く〝厨二病〟』あるっしょ?」
「んなもん、『中二病』がスラング化して『厨二病』になっただけだろ」
「う~ん。まぁそう言っちゃえばそうなんだけどさ」「…………」
「けど、敢えてソコを区別するとしたら、どんな風に線引きすればいいのかなぁって」
「お前ホント馬鹿な」「うっせーよ! 馬鹿って言った方が馬鹿だよッッッ!!!」
「……あぁ、わかったわかったメンドクセー」「お! 得意の〝屁理屈〟期待してるっス!!」
「そうだなぁ……」「うん、うん♪」

「『自分の弱さを認めて逞しく生きるのが〝中二病〟』
『自分の弱さを正当化して殻に閉じ籠るのが〝厨二病〟』」

「ほほう、なるほろ」「……まぁ、だいたいそんなトコロなんじゃねーのか?」
「ようするに『サブカルチャー』と『自己偏愛』の違いってことね」「そういうことになるのかなぁ」

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/05/04(土) 22:12:23
  2. SS
  3. 酒肴夜噺(SS)のトラックバック:0
  4. 酒肴夜噺(SS)のコメント:0

仮面/巫蠱/虚空/魔宴(短歌/ツイート分まとめ)

ぽつん、とね おいてけぼりのリノリウム 一斉に鳴るイスどもの群れ
来し風の運ぶ匂いは蠱か晴か 踊る白夜に天井はなし
仄白い無形の室で七色の 空を見上ぐる蟲の万年
ほむら吹く魔女の宴のこの夜に しのびし思ふ遠き面影

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/05/01(水) 17:02:44
  2. 短歌・狂歌
  3. 仮面/巫蠱/虚空/魔宴(短歌/ツイート分まとめ)のトラックバック:0
  4. 仮面/巫蠱/虚空/魔宴(短歌/ツイート分まとめ)のコメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。