我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

フジユウ ノ ツバサ

寝台と棺桶の区別もつかない
ガラクタ塗れの暗がりに

悴む息と 藍色の爪と
うすぼんやりとだけ浮かぶ
不完全な梯子を確認する。

鐘が鳴るのも
旗が舞うのも
合図なんていらない

ただ 必要だと思うから
そこに刻みつけるだけなのだ。

フジユウ ノ ツバサ

スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/05/07(水) 09:54:28
  2. フジユウ ノ ツバサのトラックバック:0
  3. フジユウ ノ ツバサのコメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。