更新履歴

▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2017年07月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲


伝怪 12

伝怪

2017.07.29 (Sat)

  それでも根気よく聡美の発言を待っていた老人は、ははっ、と愉快そうに笑い、コツリと杖を鳴らして一歩分だけ聡美に近づいた。「そこまでとは言いませんが、詳しいですよ。たぶん」「……じゃあ」 詰まりかけた喉から無理やり押し出し、わらにも縋る思いで訊ねてみる。 どうしても口にできなかった、あの名前を。「知ってますか? 怪人トンカラトン、って……」 その時、一瞬だけ老人がニタリと笑ったように見えたのは、気のせい...全文を読む

PageTop▲


伝怪 11

伝怪

2017.07.22 (Sat)

  著者が漫画家だけあって、本は絵図……というより、イラストつきで妖怪や都市伝説について解説した、とてもわかりやすい内容だった。 入門書の位置にあたるのか、知識の薄い聡美にもどうにか理解できた。 メインになるのは、やはりイラストつきの妖怪や怪人の解説だったが、まずはじめにおおまかな〝妖怪〟の説明があり、つづいてその役割が記してある。まだ科学という灯りが世界を照らしていなかったころ、その代りに〝万物の説...全文を読む

PageTop▲


伝怪 10

伝怪

2017.07.14 (Fri)

  あとは、どこをどう走ったのか覚えていない。いつの間にか公園に飛び込んでいた聡美は、遊歩道を滅茶苦茶にぬって、気がつくと図書館の前に立っていた。 肩を喘がせ、鞄を抱きしめそのシルエットを見上げる。 常緑樹の生垣で公園から仕切られた、サイコロを重ねたような独特の形――無意識に知った道をたどったのか。ただの偶然なのか。どちらにしろ、暗がりに浮かぶ見慣れたタイル張りの建物が、今はとても頼もしかった。(よか...全文を読む

PageTop▲


伝怪 09

伝怪

2017.07.08 (Sat)

  やがてバスは市街地を経由し、郊外の新興住宅地を目指してゆく。 県道をそれ、私鉄の線路を潜るアンダーパスを通過するころには、町はすっかり宵闇の青につつまれていた。 帰宅時間も近づいたのか、バス停のたびに乗客も増えてゆく。 聡美はただぼんやりと、それを眺めていた。(大丈夫、大丈夫――) ここにはもう怪人はいない。それに冷静になってみれば、あれはただの幻覚だ。どんなにはっきり見えても、実際に襲ってくるは...全文を読む

PageTop▲


伝怪 08

伝怪

2017.07.01 (Sat)

  聡美はそれから、ひとりで家にいられなくなった。家の中にひとりでいると、どこから母の影……いや、あの怪人に囚われるか、わからなくなったからだ。 もちろんそれは、聡美が生み出した幻覚なのだろう。 けれど、玄関の隅にクローゼットの陰。家の中にできたほんのわずかな闇の隙間からでも、いつも男は聡美を見つめていた。たとえば風呂で髪を洗っている時、夜眠ろうと目をつむった時、閉じたまぶたの裏の些細な闇からも、緋色...全文を読む

PageTop▲


前月     2017年07月       翌月

更新履歴カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。