我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

抗戦/下心

そのひとを たとえ神でも閻魔でも 我から奪う ことは許さじ
鍵を繰る 紅の指尖の妖しさに 見惚れ馳せるは 我の卑しさ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/12/10(月) 16:45:32
  2. 短歌・狂歌
  3. 抗戦/下心のトラックバック:0
  4. 抗戦/下心のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://douhan355.blog.fc2.com/tb.php/179-8f5661d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。