我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

帳/群

夜に墜ちて 所詮独りと言うなれど 腕を求めて なにが悪いか
仮初めの 温みと言わば かもしれぬ それを甘えと誰が呼べよう

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/01/22(火) 00:47:09
  2. 短歌・狂歌
  3. 帳/群のトラックバック:0
  4. 帳/群のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://douhan355.blog.fc2.com/tb.php/216-2b2c4731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。