我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

往路/小憩/夕立/青風/斜光

片蔭に求める朝の足やすめ ふと射す風に薫浄を詠み
さわさわと午下の憩いに音を添える 炎帝の文、碧の天蓋
やぶからに御越す狐の嫁入りの 黒、澄み、斑、躍る廻廊
吹く青のわかき嵐の夕映えと さわぐ新芽にはずむ心よ
木漏れ日のやさしい棘に目をうたれ紫煙の向こう夏の先触れ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/05/11(土) 15:43:34
  2. 短歌・狂歌
  3. 往路/小憩/夕立/青風/斜光のトラックバック:0
  4. 往路/小憩/夕立/青風/斜光のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://douhan355.blog.fc2.com/tb.php/283-489aac09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。