我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

酒肴夜噺・欄外編(SS)

「その夜、ノックがな……」「ノック?」「ん。その窓をだ」
「ちょ! その窓って、ここ3階じゃんかッッッ!?」
「おぉ……で、びびりまくりながら振り返ると」「と?」
「蝉が必死にタックルかましてた」「うわ~こえーな環境ホルモン」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #怪談

「なに? そのカメラ」「いや。引くに引けなくなってな」
「カメラマン?」「まぁ、な」「ほぉん」
「ところで……このカメラ、レンズが見当たらないようだが」
「……お前はまず、デジカメの使い方から覚えんとなぁ」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #ツイッター喜劇部

「させる……4時、と」「……お前、まだそれやってんの?」
「だって『それっぽいの』にコレつけりゃ入れ食いなんだぜ?」
「そりゃゴクローさん」「ウハウハッ!!」「はいはい」
「にねこーんッッッ!」「……もう意味わかんねーよ」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #4時

「で……仕事終わって、部屋に帰ったらな」「お、おう」
「時計の針がさ……凄ぇ勢いで回転始めたんだよ」
「なにそれッ!? 怖ぇえ! 洒落んなんねーじゃんッッッ!!」
「な? だから『電波時計』って嫌いなんだ」「――確かになぁ」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #怪談

「なんつーか、創作とかしてんとさ」「――ん?」
「ときどき平常心ってのが、わかんなくなんだよなぁ」
「したっけ、そんでいいんじゃない?」「あぁん?」
「その『わかんなくなってるお前』が、今の平常ってことだろ」

酒肴夜噺・欄外編 #創作 #寸劇 #ツイッター喜劇部

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/09/17(火) 10:30:14
  2. SS
  3. 酒肴夜噺・欄外編(SS)のトラックバック:0
  4. 酒肴夜噺・欄外編(SS)のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://douhan355.blog.fc2.com/tb.php/355-8c213b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。