FC2ブログ

我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。
我と我が身と彼のものと。 TOP  >   >  骨やすめ

骨やすめ

店先の縁台に腰かけて 瓶を傾ける。
歪んだ色ガラスの水色が
泡粒の奔流に太陽を封じ込め
生き急ぐ蝉の音は
乱反射する夏を 後頭部の辺りに記録する

カランと鳴ったビーダマに首を竦める金魚は
冗談めかしたように笑った

「お前はきっと、その玉コロみたいなもんだな」

なくても別に困りゃあしないが
なけりゃないで ちっとばかり寂しいのさ

骨やすめ
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013年10月15日 12:09 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ドューハン

Author:ドューハン
まぁなんだ。能天気に生きてますw

最新コメント
カウンター
現在の閲覧者様
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR