そっちの水は

 ←リアル・フォークブルース →応報因果
都会の盃に 月はうつらんのです。

そもそも空に 標なぞもう必要もなく
地上は明々と照らされ
怯えなければならない闇もない。

けれど だからといって人々は

お月見をしないのかといえば
そういうわけでもなく、
電灯やネオンも一緒くたにしたぐい呑を
爺さんはヒョイヒョイと飲み干している。

人間なんて とても逞しい葦だから
人生ってのもその程度なのだろう

そっちの水は

関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 小説
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
もくじ  3kaku_s_L.png 短歌・狂歌
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【リアル・フォークブルース】へ
  • 【応報因果】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【リアル・フォークブルース】へ
  • 【応報因果】へ