我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

G2

暁天に両翼できざみつける
この航跡は 標ではない。

ただ欲望のため
業のため
たとえ証であったとしても
己を満たすそれだけのために

恥ずる気も 誇る気もない。

高らかにいま宣言しよう
我こそは 希代のペテン師なり

G2.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/03/19(水) 19:16:54
  2. G2のトラックバック:0
  3. G2のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://douhan355.blog.fc2.com/tb.php/436-64d4005a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。