我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

紺碧とブチ

簾に映り込む反射は ひらひらと舞い
甍へ並ぶ艦隊を蒼く碧く彩る。
高々と吹き抜ける空は、
急き立てるようにボウボウと音を立て

水平に、気取らずに、
そして寂しげに螺旋を描き

今日も整然と 書棚を眠らせるのだろう。

おしきせの鞄は どうも背中が窮屈で
だから本日も、世界は平和だということだ。

紺碧とブチ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/04/24(木) 11:10:38
  2. 紺碧とブチのトラックバック:0
  3. 紺碧とブチのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://douhan355.blog.fc2.com/tb.php/451-1bd4a4b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。