我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

皮膜の内側に宇宙などなく
収縮をつづける
汚れた小部屋があるだけ

そこへと通ずる道程は
霧に包まれ先細り

堂々巡りする自意識が
引き込もる人々に
ただの錯覚を与えている。

そして今日も
毒を撒き散らすのだろう

悦に入った 酔っ払いどもよ

▼

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/04/30(水) 09:55:14
  2. ▼のトラックバック:0
  3. ▼のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://douhan355.blog.fc2.com/tb.php/454-68cea641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。