スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←伝怪 03 →伝怪 05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png 小説
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
もくじ  3kaku_s_L.png 短歌・狂歌
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【伝怪 03】へ
  • 【伝怪 05】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「小説」
伝怪

伝怪 04

 ←伝怪 03 →伝怪 05
(どこが、オモチャの町なものか)
 根こそぎの歯車が狂ったこの二年半を思い返し、聡美はきつく唇を噛みしめる。
 結局そんなものは、ただの幻想でしかなかった。どんなにうわべだけ整えてみても、町の本質も人間の本質も変わらない。ひと皮剥けば、ドロドロの自己愛と保身の塊でしかないことを、今の聡美なら知っている。
 その証拠にあれだけ優しかった母は、聡美が小六の時に不倫をした。
 相手はよりにもよって、カヨちゃんの父親だった。
「ごめんなさい、魔が刺しただけなの」
 母はさめざめと泣きながら、狼狽する父に足に縋りついた。泣き落としが通用しないとわかると、今度は豹変して父と聡美をなじり飛ばした。女として見られないつらさが、母としか扱われない切なさが、あなたたちにわかるのか――と。
 髪を振り乱し唾を飛ばしてわめくその姿は、ひたすら気持ちがわるかった。
 そこにはもう、天然ぎみのほがらかな母の顔はなく、甲斐甲斐しく夫の世話をやく妻の顔もなかった。あったのは、どこまでも自分だけを主張する女の顔。魔物に憑かれたように醜く歪んだ、無様で剥き出しな人間の顔だった。
(この町にしたって、そうだ……)
 身勝手な母が聡美と父を捨てて消えたころ、事件に飢えた噂好きの住民たちも嬉々として本性をあらわにした。
 団地組だの、金持ち組だの、もともと些末な連帯意識でより合っている土地柄だ。「こいつは叩いて構わないよ」と言われれば、気さくで面倒見のいい隣人の仮面をほうり捨てるのに、数瞬の躊躇いさえ見せはしなかった。
 ましてこれは、都市伝説の怪人みたいな戯言ではない。
 自分も他人事では――と大手をふって糾弾できる、身近に起こったエンターテインメントなのだ。下世話なゴシップは、またたく間に広まった。マンモス団地一帯はもちろんのこと、小学校の保護者たちにいたるまで。
「いっつも物欲しそうな顔して、前から気にはなってたのよ」
「それにしたって、子供の同級生の親と……ねぇ?」
「しかも、おなじ団地に住んでたんでしょう?」
 その時すでに、カヨちゃんは母親に連れられて町から引っ越していた。あの父親がどうなったかは知らないけれど、去り際のカヨちゃんは無言で聡美を睨みつけた。ありったけの呪いを籠めたあのまなざしを、聡美は今でも忘れない。そうして本来の標的を見失った風評の矛先は、しだいに残された父と聡美に向かっていった。
 妻に浮気をさせた、甲斐性のない夫。
 不貞な母から産まれた、インバイの血を引く娘。
 大っぴらにこそ伝えないだろうが、コソコソささやく親の会話を子供たちだって聞いている。〝さーちゃん〟だったクラスでの呼び名は、すぐに〝市ノ瀬さん〟になり、間を置かず話しかけてくる級友自体いなくなった。さすがに中学に上がれば騒ぎも風化したけれど、一度貼られたレッテルは簡単には剥がれなかった。中一の終わりには援助交際の疑惑まで流されたし、今でもサカリのついた一部の劣等生からあけすけな視線を向けられることもある。これが聡美を取りまく現状だ。もっとも、そんな猿のような男子たちにとってすら、〝やっかいな腫れモノ〟との接触は憚られるものらしいのだが。
「しょせん、現実なんて……」
 その程度だと呟きかけ、聡美はこめかみに手をそえる。
 つまらないことを考えたせいか、ふたたび〝あの頭痛〟がぶり返していた。
 本当に、どうしてしまったのだろう? 今日の自分は、やっぱりどこかが変だ。こんな境遇なんて、とっくの昔に受け入れているはずなのに。父がそう決めた以上、この町でやっていくと決めていたはずなのに。
(だって、わたしは――)
 なにしろ聡美は、ただの中学生なのだから。
 大人を黙らせる権力も、子供を味方につける人望も、力ずくで従わせる強さもありはしないのだ。みんな消してしまいたいと思うこともあるけれど、そんなこともできるわけがない。自分ではない〝他のなにか〟にでもなれるなら話は別だろうが。
 だから、早く家に帰ろう。
 父の作った夕飯を食べ、嫌なことはすべて忘れてしまおう。
 朦朧とする意識の中、ジンジンと渋る頭をふって歩道橋に目を凝らす。コの字型に上る階段の片隅には、すでにぼんやりと闇が落ちていた。
 このまま県道を向こう側に渡りきり、私道とまじわる路地を左手へ。団地の敷地内に入ってさえしまえば、公園の脇をすり抜けて最初にあるのが八号棟だ。人目を避けて三階までたどり着けば、それでようやく息がつける。
 聡美を問題児扱いする教師の目だって、晒しモノにする女子の目だって、いやらしい男子の目だって、そこまでは届かない。
 そう決心して踏み出した瞬間、ズクリと子宮が痛んだ。聡美は眉をよせ、下腹を押さえる。制服のスカートの奥から、熟した粘液と体臭の混じった、腐った香水のような臭いが立ち昇った。いつもよりだいぶ早いが、それは生理の予兆だった。聡美が女であることの証。母とおなじ、雌である烙印。
 なるほど、と聡美は納得する。鬱陶しい頭痛も、安定しない情緒も、これが原因だったのかもしれない。だとすれば、なおさら急がなければ。出血が始まって、制服を汚しては面倒だ。けれどその思いとは裏腹に、聡美の足取りはいっそう鈍くなる。
 たとえ家に帰っても、今日も父が〝まとも〟とは限らない。
 母に捨てられてから、ゆるゆると崩壊してゆく父……誰よりも家族を愛し、またそれを拠りどころにしてきた父……そんな父が、この排卵の臭いを嗅ぎ取ったらどうなるのだろう? もしかすると今夜も、あの現実逃避の儀式が待っているかもしれない。急に込み上げる不安が、階段を踏みしめる足を鉛のように重くした。すると記憶の奥底から、得体のしれない掠れた声がささやいてくる。
「なぁ……トンカラトン、って言ってみな?」
 ギクリとした聡美が我に返るのと、不意に木枯らしが吹きつけたのは、ほとんど同時のタイミングだった。

関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 小説
総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
もくじ  3kaku_s_L.png 短歌・狂歌
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【伝怪 03】へ
  • 【伝怪 05】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【伝怪 03】へ
  • 【伝怪 05】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。