我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

ああ、はいはい… 

アニメ・漫画・小説

なんか「現実はこんなに無情なんよ? しくしく…」みたいな間抜けの愚痴がやりたいっぽいが、
そもそも「人間一人の命に1シルバー(だかなんだか)でも重みがある」とか
甘え切った寝言から始まった時点で、苦笑を通り越して失笑しか湧いてきやしねぇ。

……つーか、知ってるか?
『人間一人の命の重さ』ってのは、“そいつが社会にとってどんだけ役に立つか”で決まるねんで?

「要領を覚えて伸し上がった人が勝ち組なんですよ?」
的な“上っ面だけの悟り”をご披露して、悦に入ってるとこ申しわけないが…
もうその時点で、どんだけオツムの中が甘ったれた世迷い事で充填されてるのかがわかる。

だから、『苦心して要領を身につけた苦労人の方々』は
「苦労をしようともしない甘ったれどもの存在」なんざ、ハナっから目に入れてる余裕はない。
したがって、そんな「ゴミクズの生き死に」なんかは知覚しようもないわけだ。

ってことは、上にいった人間が「なんとかいうヤツがくたばった」のを知ってる…
その上、なんか「ヌルい寝言」を口走って「なぜか(作者のご都合で)生き残ってるカス連中」を
いちいち覚えてる辺りで『もう現実がまるっきり見えてない』わなぁ。

まさかと思うが、言ってることがわからんわけないよな?

何度でも言うが、『社会』と「個人」では社会の方が絶対に偉いんだぜ。
なにしろ“人間って脆弱種”は、知恵を使って『社会』を築き上げることで、
ルールを捻じ曲げて「弱者としての自然淘汰」から逃れることができた種族だかんな。

そこに馴染む努力もできんで、「私の感性は特別だから…」とか
「私はちょっと世間からずれてるみたいで(自慢)」みたいなこと言ってる意識高い系の人は、
まず『そういうお前らは俺らに養って貰ってるんだ』ってとこをキチンと把握するように。

……閑話休題。つか、そもそも『作劇法』の時点で、
「なんとかいうヤツがくたばった」ことを“一分の一の死”にするってのは…
もう『リアル』でも『公正』でもないよな?

「んじゃ、お前らがブッ殺してたゴブリンの死はよ?」

って、お話しになっちゃうんだから。
ストーリーどころかテーマも根底から矛盾だらけなので、
もう百回くらい顔を洗い直してから出直して欲しいと考える所存。

んなこって、インチョーでした($・・)/~~~

 灰と幻想の以下略・5話

PageTop▲

ああ、ほんとゲーム作ってるヤツらって… 

アニメ・漫画・小説

キモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモいキモい。

なんでこう、「顧客に愚痴を聞かせる」みたいな頭の悪いことができるかな…
これが面白いとか思ってるワケか?
それとも、これが『クリエイターの苦悩なわけよ』とか
そういう幼稚園年少組レベルで脳みそが腐っちゃってるんだろうか?

あげくに、明らかな尺稼ぎの「マグロ漁船パート」すら
寒くて寒くてしょうがない……

だから「ギャルゲーは低俗」って言われんだよ。
少しはゲームマニア(お客様)の目線になって真摯に仕事しろ…
つっても、自画自賛しか能がない今時のゴミライターには
ハードル高すぎる注文か?
そんなことだから、素人上りのオッサンに仕事とられんだよ。

あ、ちなみに図◯館とかメ◯ホ◯とかの中には
専属で『ヤツ』が入ってるとかいないとか。
熱心な萌え豚信者の皆さんに於かれましてはご愁傷さま。

んなこって、インチョーでした($・・)/~~~

PageTop▲

真の強さとは… 

アニメ・漫画・小説

という意味を、この「このすば」というアニメからは考えさせられる。

例えば「腕力に秀でた純粋なツワモノ」が、それにモノを言わせて悪党を懲らしめる…
果たしてそれを“強者”と呼ぶだろうか? また…
「知識に秀でた者がチカラを誇示する者の足元をさらう」ことを、
果たして“強い”と評するだろうか?

…否。

断言しよう、その解答は「断じて否」である。まあ、昨今主流になってきている
自己保身の「甘ったれくそキモヲタの妄言マンセーごみアニメ」を、
オタク第二世代の“ガチオタ視点”で『論外の産業廃棄物』として除外するとしても…
過去のこの国に於ける「男根主義マッチョ思想」を反映した
所謂“俺ツエー幻想”を下敷きにする「単純算数の強者」という、
近年の「思考停止ヲタが再評価するオナニー屁理屈」を認めるわけには絶対にいかない。

それこそ、ゆとりだのさとりに支配された残り滓のこの世を生きる…ただの“いち詫びオタク”として。

……閑話休題。
まあ、そんなこんなで言いたいのは
『本当に強ェってのは、弱い自分を捻じ伏せられたヤツのことをいうんじゃね?』ってことだ。
奇しくもそれを、このアニメの主人公・カズマは身をもって証明してしてくれている。
救いようもないゴミクズで、ヒキニートだった第1話から…

つーか、なんだ…そんなこんなで
じつに数年(6年か? 7年か?)ぶりに“インチョー”復活してみた次第。
また気が向いたら投降してみようと思う。気が向いたら…な。

PageTop▲

フジユウ ノ ツバサ 

寝台と棺桶の区別もつかない
ガラクタ塗れの暗がりに

悴む息と 藍色の爪と
うすぼんやりとだけ浮かぶ
不完全な梯子を確認する。

鐘が鳴るのも
旗が舞うのも
合図なんていらない

ただ 必要だと思うから
そこに刻みつけるだけなのだ。

フジユウ ノ ツバサ

PageTop▲

 

皮膜の内側に宇宙などなく
収縮をつづける
汚れた小部屋があるだけ

そこへと通ずる道程は
霧に包まれ先細り

堂々巡りする自意識が
引き込もる人々に
ただの錯覚を与えている。

そして今日も
毒を撒き散らすのだろう

悦に入った 酔っ払いどもよ

▼

PageTop▲

««