我と我が身と彼のものと。

常在辞世。渋枯れ好みの“詫びオタク”…なんとなく更新中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

バジト ウフウ

ちきちきどんどん ちきどんどん
べったり笑顔でゾロゾロと
ちんどん太鼓は、進みます。

押し売り 掛売り 大安売り
いちいちにいにい恩着せながら

駅前通りのドン引きと
サクソフォーンの空振りが
とけてく空は ニセモノで
昼寝の肴にゃ ちょうどいい。

ちきちきどんどん ちきどんどん
インチキ行者は進みます
恥ッさらしの宴はどこへ?

きっと無間の、果てまででしょう。

バジト ウフウ

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/02/28(金) 19:21:33
  2. バジト ウフウのトラックバック:0
  3. バジト ウフウのコメント:0

阻止限界点

もうへし折れそうな
シャーペンの先っちょに
我を先にと カメムシどもはぶら下がる。

トントン デロリ トンデロリ

根っこをささえる作業員は必死だけれど
やつにらとっちゃお構いなし
ガシガシごしごし しごいて捏ねて
マクベス気取りもお手のもの。
今日も今日とて飽きもせず 自分語りに精を出す

仮病の熱が38度を越えたとき、
殺虫剤は いっせいにバラ撒かれた

阻止限界点

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/02/18(火) 11:04:09
  2. 阻止限界点のトラックバック:0
  3. 阻止限界点のコメント:0

三番頚椎

たとえばそれは 単純に
そこに足跡をつけるようなもの。

誰も気にはしないし
なにを変えられる
わけでもありゃあしない

それでも自分のために

ただ そんな程度の
くだらない虚勢のために

人生を棒に振ってみるのも
たまにはいいんじゃなかろうか?
そうやって今日も

俺は みっともなく生きている。

三番頚椎

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/02/14(金) 11:34:08
  2. 三番頚椎のトラックバック:0
  3. 三番頚椎のコメント:0

亡国ロスタイム

悪気はなかった が
免罪符になるのなら
大概のイジメやイジリは
無条件で 赦されてしまうだろう

今時の子供たちは
概ね すべてを誰かに
便乗しているだけだから

言ってみれば それは
「僕はRTしただけだから」
みたいなものなのだろうか。
ゆえに

ノリで とか
フィーリング? とか
これらの台詞に善い印象はない

無論 言葉自体に
良いも悪いもないのだが

亡国ロスタイム

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/02/05(水) 16:25:34
  2. 亡国ロスタイムのトラックバック:0
  3. 亡国ロスタイムのコメント:0

赤錆とカギしっぽ

海を目指してどぶ泥を抜けたのは
お昼のサイレンが ウーと鳴ったときでした。
ヘドロっ臭いコンクリ川を、
段ボール筏は進みます。ゴトゴトゴトン進みます。

夜に鳴いたの僕ですか?
にゃあと泣いたの僕ですか?

いいえ。それは隣のノラだと思います。

赤錆とカギしっぽ

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/01/29(水) 13:26:00
  2. 赤錆とカギしっぽのトラックバック:0
  3. 赤錆とカギしっぽのコメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。